ナビゲーションをスキップ
文字サイズ
こども医療ガイドは、子供の病気や発熱・怪我、子育ての情報が簡単に見つかる、東京都管轄のWebサイトです。

胸を痛がる-解説-

胸を痛がるとは?

開く

 胸痛は結構多い症状です。胸痛のみで重症のケースは、小児では非常にまれです。

胸を痛がる病気の種類・特徴

開く

気胸(ききょう)、肺梗塞(はいこうそく)
心筋梗塞(しんきんこうそく)
狭心症(きょうしんしょう)[まれ]
動くと痛みがひどくなります。
呼吸が苦しくなります。
風邪(かぜ)、食道炎、肺炎、胸膜炎(きょうまくえん)、肋軟骨炎(ろくなんこつえん)、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)の場合 熱、またはせきがあればすぐお医者さんに。

★ 医療機関に受診可能か確認をしてから速やかに受診してください。

外来受診時の説明ポイント

開く

 お医者さんとのコミュニケーションを大切に。お医者さんへ行く前に、以下のようなことをメモしておくと良いでしょう。なるべくこまめにメモを取っておきましょう。
  • 胸のどこを痛がっていますか?
  • どんな風に痛みますか?[ちくちくする、きりきりした痛み、疝痛(せんつう)[一定の時間をおいて周期的に現れることの多い、激痛]など]
  • どのくらいの時間、痛がっていますか?
  • 息苦しいなど、他の症状はありますか?

対処のしかた

開く

 お子さんの様子をしっかり見てください。

注意点

開く

 川崎病で冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)がある場合、重症だと中には心筋梗塞(しんきんこうそく)を起こすこともありますので、注意してください。
川崎病の特徴

ページのトップへ
お医者さんを探す:外部サイトへ移動します 救急相談センター:外部サイトへ移動します