ナビゲーションをスキップ
文字サイズ
こども医療ガイドは、子供の病気や発熱・怪我、子育ての情報が簡単に見つかる、東京都管轄のWebサイトです。

発疹が出た-解説-

発疹とは?

開く

 血管が破れて出血したり、毛細血管抵抗の弱い人は出血斑(しゅっけつはん)が出てきます。皮膚の感染症(とびひ等)、アレルギー反応として皮膚に出ることもあります。

発疹の種類・特徴

開く

1 熱がないとき

部位 特徴 原因
全身 発赤・かゆみ じんましん
頭・ひたい 白色ロウ・かさぶた 脂漏性皮膚炎
顔・体 高熱後赤い小発疹 突発性発疹
顔・胸 ジクジク・カサカサ 乳児湿疹
体・手足の屈曲部 かゆみ アトピー性皮膚炎
指・顔ほか 水泡 単純ヘルペス感染症
おしり 下痢の後の真っ赤な皮膚 カンジダ皮膚炎
手・足・口ほか 比較的固い小丘疹、広がる傾向 水いぼ
黄色い浸出液で広がるもの
水疱を形成するもの
とびひ
かゆみ、小発疹が広がる傾向 草木かぶれ

2 熱があるとき

部位 特徴 原因
全身 高熱と咳、結膜炎、全身発赤 麻しん(はしか)
水泡 水ぼうそう
小発疹、耳後部のリンパ節の腫 風しん
口の中 夏に多い、口内炎 ヘルパンギーナ
顔・手足 発赤・レース様発赤 りんご病
唇・舌 発熱後の口内炎 ヘルペス性口内炎
手・足・口ほか 小水疱 手足口病
かゆみの強い発疹、かたまって出やすい 突発性発疹
手足・体 咽頭痛、イチゴ舌、小発疹 溶連菌感染症
手足ほか 高熱と発疹、頸部りんぱ節の腫れ 川崎病

 

全身に発疹が出ていたら
麻しん[はしか]水痘[水ぼうそう]風しん[3日はしか]の場合 他人にうつすので注意しましょう。(詳しくはそれぞれのリンク先を参照)
突発性発疹の場合 高い熱が出て解熱した後で、発疹が出てきます。
溶連菌感染症の場合 病気がよくなってもすぐに薬をやめないようにしましょう。
とびひの場合 かきむしると他人にうつすので注意しましょう。水ぶくれをいじると化膿(かのう)してきます。
じんましんの場合 重症の場合は喘息(ぜんそく)のようになってしまうことがあります。
おむつかぶれの場合 スキンケアをして悪化を防ぎましょう。

★  医療機関に受診可能か確認をしてから速やかに受診してください。

外来受診時の説明ポイント

開く

     お医者さんとのコミュニケーションを大切に。お医者さんへ行く前に、以下のようなことをメモしておくと良いでしょう。なるべくこまめにメモを取っておきましょう。
  • いつから発疹が出ていますか?
  • 熱はありますか?
  • 水分は取れていますか?
  • 食欲は?ミルクの回数は?
  • おしっこの回数や量は?
  • うんちの回数や状態、量は?
  • 頭やお腹を痛がっていますか?
  • じんましんの場合、その前に変わったものを食べたり、触ったりしましたか?
ページのトップへ
お医者さんを探す:外部サイトへ移動します 救急相談センター:外部サイトへ移動します