ナビゲーションをスキップ
文字サイズ
こども医療ガイドは、子供の病気や発熱・怪我、子育ての情報が簡単に見つかる、東京都管轄のWebサイトです。

便に血が混じる-解説-

便に血が混じるとは?

開く

 血液の量の多少に関わらず、消化管(口腔、食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門)の出血を考えます。血の色は出血した腸が肛門より遠ければ黒色になり、近いほどあざやかな赤色になります。腸の粘膜が一緒に排泄(はいせつ)されて、苺ゼリーにみえることもあります。このようなときは腸重積(ちょうじゅうせき)の可能性があります。腸の血流が悪くなるために、粘膜(ねんまく)が傷ついて出血します。腸重積(ちょうじゅうせき)は、長いホースの1か所が食い込んだということです。
 便に血が混じる場合には心配な事が多いので、回数にかかわらずお医者さんへ行きましょう。

原因

開く

  • 腸炎(ちょうえん)が圧倒的に多い
  • 腸重積(ちょうじゅうせき)、食物アレルギー、痔、肛門異物など

外来受診時の説明ポイント

開く

     お医者さんとのコミュニケーションを大切に。お医者さんへ行く前に、以下のようなことをメモしておくと良いでしょう。なるべくこまめにメモを取っておきましょう。
  • いつから便に血が混じっていますか?
  • 熱はありますか?
  • 水分は取れていますか?
  • 食欲は? ミルクの種類、回数は?
  • おしっこの回数や量は?
  • うんちの回数や状態、量は?[詳しく]
  •   ※実際の血便を持っていくと参考になります。[臭いや色で診断がつくことがある。]
  • 頭やお腹を痛がっていますか?
ページのトップへ
お医者さんを探す:外部サイトへ移動します 救急相談センター:外部サイトへ移動します